第1章 総則

第1条(目的)

この規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社CACTAS(以下「当社」といいます。)が運営、管理する動画制作事業者のコミュニティプラットフォーム「VENNS」(以下「本サービス」といいます。)に関する基本的な条件を定めるものです。

第2条(個別サービス)

本規約は、本サービスに附帯して提供される各種個別サービス(以下「個別サービス」といいます。)にも適用されます。本規約の内容と、各種個別サービスにおいて別途定める規約(以下「個別規約」といいます。)の内容が異なる場合、個別規約の内容が優先して適用されるものとします。

第2章 会員

第3条(会員登録)

1. 本サービスの会員となることを希望される方(以下「会員登録希望者」といいます 。)は、本規約に同意の上、当社が定める所定の会員登録手続を行うものとします。

2. 前項に定める会員登録手続が完了し、当社が承諾の意思表示をした場合、会員登録希望者は、本サービスの会員となります。

3. 会員登録希望者は、会員登録に際して、いかなる虚偽の申告も行わないものとします。

4. 当社は、その自由な裁量により会員登録申込を承認またはお断りすることができるものとし、その理由を示す必要はないものとします。

第4条(利用料)

1. 本サービスの入会金および年会費その他の利用料(以下「利用料」といいます。)は、別途当社がこれを定めます。

2. 個別サービスを利用する場合は、個別規約に定めるところに従い、会員は、利用料を支払うものとします。

第5条(変更届出)

会員は、当社に申告した情報に変更が生じた場合、速やかにその変更の内容を当社に届け出るものとします。

第6条(パスワード等の管理)

1. 当社は、会員に対して、本サービスまたは個別サービスを利用するための会員番号 、ID、アクセスキー、パスワード等(以下「パスワード等」といいます。)を付与し 、または、パスワード等を設定するよう求める場合があります。

2. パスワード等が付与され、または、会員においてパスワード等を設定した場合、会員は当該パスワード等を厳重に管理するものとします。

3. パスワード等を利用して、本サービスまたは個別サービスの利用があった場合、当社は、当該利用を会員本人による利用とみなすことができます。

第7条(禁止行為)

会員は、本サービスまたは個別サービスの利用にあたり、次の各号に掲げる行為をしてはならないものとします。

(1) 犯罪行為、またはこれを予告、関与、助長する行為

(2) パスワード等を第三者に譲渡、貸与、提供し、または、第三者をしてパスワード等を利用させる行為

(3) 転売目的で本サービスまたは個別サービスの教材、補足資料、素材等を購入または取得する行為

(4) 当社または第三者に損害を与える行為

(5) 当社または第三者の著作権、商標権等の知的財産権、その他の権利を侵害する行為

(6) 当社に対して虚偽の事実を申告する行為

(7) 不正アクセス、データの改ざん等、本サービスまたは個別サービスの運営を妨げる行為

(8) 広告・営業活動、公職選挙運動、特定の思想への勧誘、またはそれに類する行為

(9) 会員の個人情報を収集・蓄積することを目的とする行為

(10) 本規約または個別規約に違反する行為

(11) 法令、公序良俗に反する行為

(12) その他当社が不適切と判断する行為

第8条(第三者提供サービスの利用)

当社は、会員に対して、第三者が提供するサービス(以下「第三者提供サービス」といいます。)の紹介を行うことがあります。第三者提供サービスの利用、第三者提供サービスに関する会員向け特典の利用は、第三者提供サービスの提供元事業者が定める利用条件に従うものとし、当社は一切の責任を負いません。

第9条(退会)

1. 会員は、所定の手続を行うことにより、いつでも、会員を退会することができます。

2. 会員が退会した場合、会員は、本サービスまたは個別サービスの利用に関する一切の権利を失うものとします。

3. 会員が退会した場合であっても、当社は、受領済みの利用料を返還する義務を負わないものとします。

第10条(利用停止および会員資格の抹消等)

1. 会員が次の各号のいずれかに該当した場合、当社は、会員による本サービスもしくは個別サービスの利用を停止し、個別サービスにかかる契約を解除し、または、当該会員の会員資格を抹消し、その他当社が適切と判断する措置を行うことができます。

(1) 当社に申告した内容に虚偽があった場合またはその疑いがあると当社が判断した場合

(2) 一定回数以上のパスワード等の入力ミスがあるなど会員のセキュリティを確保するために必要な場合

(3) 第7条に定める禁止行為を行った場合

(4) 本サービスまたは個別サービスに関する利用料を滞納した場合

(5) 会員が死亡した場合

(6) 破産手続の開始等、会員の信用状態に重大な疑義が生じた場合

(7) 第19条に違反していることが判明した場合

(8) その他、会員に対する本サービスまたは個別サービスの提供が不可能または不適切であると当社が判断した場合

2. 前項に基づき、当社が会員に対して何らかの措置を講じた場合であっても、当社は、これにより会員に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。また、当社は、受領済みの利用料を返還する義務を負わないものとします。

3. 会員が第1項の各号のいずれかに該当した場合、会員が当社に対して負担する債務の全てについて、会員は、期限の利益を失うものとします。

第3章 その他

第11条(利用環境)

タブレット端末、通信機器、ソフトウェア、インターネット接続環境その他本サービスまたは個別サービスを利用するために必要な機器およびソフトウェア等については、会員が自己の費用と責任で準備し、維持するものとします。また、本サービスまたは個別サービスの利用に関わる通信料等は会員の負担となります。

第12条(サービスの一時停止)

1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、会員への事前の通知または承諾なく、本サービスまたは個別サービスの全部または一部を停止することができます

(1) 本サービスまたは個別サービスに関する緊急点検を行う場合

(2) 本サービスまたは個別サービスに関して、電子機器等の不具合、通信障害、不正アクセス、コンピュータウイルスその他のシステムトラブルが発生した場合

(3) 地震、火災、洪水、戦争、疫病の発生その他当社の責めに帰することができない事由により本サービスまたは個別サービスの提供ができない場合

(4) 警察、監督官庁、裁判所その他の公的機関から要請された場合

(5) その他、当社が必要と判断した場合

2. 当社は、本サービスまたは個別サービスについて、定期メンテナンスを行います。定期メンテナンスを行う場合は、事前に会員に告知するものとします。

3. 前2項により会員に生じた損害について当社は責任を負いません。

第13条(個人情報)

当社が会員から取得する個人情報の取扱いは、「株式会社CACTASプライバシーポリシー」に定めるとおりとします。

第14条(権利帰属)

当社のカリキュラム、教材、補足資料、素材、プロジェクトファイルその他当社または本サービスもしくは個別サービスに関連する一切の情報についての著作権その他の権利は、すべて当社に帰属します。会員は、当社の事前の承諾を得ることなく、これらの情報について、第三者への開示または漏洩、複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、公衆への送信(公衆への送信を可能とすることを含みます。)、転送、配布、出版等してはならないものとします。

第15条(サービスの終了)

当社は、当社の判断により、本サービスまたは個別サービスの全部または一部を終了する場合があります。当社は、この場合、会員に対して、当社が適切と判断する時期および方法により、その内容を事前に告知します。

第16条(免責)

当社は、本サービスに関連して当社の責めに帰すべき事由により会員に損害が発生した場合、直接かつ現実に発生した通常の損害についてのみ、当該会員が支払い済みの利用料を上限として損害賠償責任を負うものとし、間接損害、逸失利益および特別損害については、一切の責任を負わないものとします。

第17条(非保証)

当社は、本サービスおよび個別サービスの提供に不具合、エラーや障害が生じないこと、本サービスおよび個別サービスの提供する情報が正確なものであること、本サービスおよび個別サービスの提供が会員の特定の目的に適合するものであること、その他本サービスおよび個別サービスに関する一切の事項について、何らの保証も行いません。

第18条(規約変更)

1. 当社は、会員の一般の利益に適合する場合、または本規約もしくは個別規約の目的、変更の必要性、変更後の内容の相当性等を考慮して、合理的に必要かつ相当と判断した場合には、本規約または個別規約を任意に変更することができるものとします。

2. 当社は、本規約または個別規約を変更した場合には、当該変更内容及び変更の効力発生日を、会員に告知するものとします。

第19条(反社会的勢力の排除)

1. 会員は、現在かつ将来にわたり、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力」といいます。)に該当しないこと、および、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、保証するものとします。

(1) 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること

(2) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

(3) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること

(4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

(5) 役員または経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

2. 会員は、自らまたは第三者を利用して次の各号のいずれの行為も行わないことを保証するものとします。

(1) 暴力的な要求行為

(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為

(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為

(4) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為

(5) その他前各号に準ずる行為

第20条(権利義務の譲渡禁止)

会員は、本規約または個別規約に定める権利義務および本規約または個別規約における契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保供与その他の一切の処分行為をしてはならないものとします。

第21条(準拠法)

本規約および個別規約は日本法に従って解釈されるものとします。

第22条(管轄)

本規約または個別規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。